兎の物置
基本的に自由なネタです。散財紹介・映画感想・日記・イラストなどなどとにかく自由気ままなブログです!

ホーム 管理画面 ファイルアップ 新規記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ONEPIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち

one.jpg

公式:ONEPIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち



 ONEPIECE劇場版第8弾「ONEPIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」を観てきました。今回は、原作の中で人気がある(?)アラバスタ編が劇場版として公開されました。今までの劇場版は総てオリジナルストーリーなのに何故今回は既に放送した話の劇場版やねんwwwとは思いましたが・・・・言われてみればアラバスタ編は感動したし・・・好きだったような気がしました(笑)
 アラバスタの話ですが本当にアラバスタ編でした。物語の冒頭は、アラバスタ上陸前から始まるわけで・・・・上陸→アラバスタへみたいに結構、ハイスピードでアラバスタの戦いが展開していきます。というか、今回の映画は、はっきり言えば「ONEPIECEファンのためのアラバスタ総集編映画」という感じですね(苦笑)原作とかアニメとか観て内容知らないとほとんど楽しめないんじゃないか?という作りで、事実アラバスタでのバロックワークスの敵との仲間のそれぞれの戦いは、突然始まって突然決着という感じになっていて本当に知らない人だとなんでそのキャラが怒ってるのかとか何が起こってるんだ?という感じでわからないと思います。やはりテレビでやる総集編並の仕上がりになっています。それでも、新作映像やらなんやら効果などを使ってますが・・・・はっきり言えば上陸から戦いの決着までどれが新作映像なのかさっぱりわからんくらいでしたから・・・最後のシーンやニコ・ロビンがルフィ達に合流するために歩いてるシーンとか新作映像はみられましたが・・・その程度じゃないのかな?まぁ、自分はONEPIECEファンなので楽しめたので問題ないですし・・・久し振りにビビも観れたので嬉しかったですが・・・映画的というか作品を全体からみるとわざわざ劇場公開までするような作品ではないよな?という感じです。これくらいだったらTVで特別番組としてやるぐらいでいい感じだと思いました。劇場版にするくらいならもっと作りこんで欲しかったですね・・・次回作が決まってることですし・・・ひょっとして時間稼ぎだったのか?と思ってしまうくらいですが・・・。それはあえて触れないでおこうと思います。まぁ・・・ファンには楽しめる劇場版になっているのでファンにはいいですね(苦笑)

以上
スポンサーサイト

テーマ:映画感想  - ジャンル:映画

  1. 2007/03/08(木) 17:18:56|
  2. 映画感想
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  

アクセスカウンター

プロフィール

THE兎さん

Author:THE兎さん






基本的にダメ人間です。
趣味は、絵を描くことや散財などなど。
財布の紐はかなりユルユルで衝動買いなんて
当たり前。迷ったらとりあえず買え!
後のことは買ってから考えればいい!


みなさんから散財王と呼ばれてます(ぉ
最近、見苦しいようなのでこれからは自分に素直に
生きていきたいと思います。

(屮゚Д゚)屮 カモーン

当ブログの説明

●苦情等ありましたら、書き込み(コメント)でお伝えください。
●過去の記事は消えませんが画像容量不足を防ぐために古い記事の画像から削除していきます。
●コメント・リンク大歓迎!です。じゃんじゃんリンクしてください(笑)

兎の物置バナー

バナー①


バナー②


バナー③


どちらかご自由におつかいください♪

旧・兎の物置へのリンク

兎の物置
一応、旧物置のバナーです。

行きたい方はここから飛んでやってくださいなぁ。

兎の物置カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク(順不同)

このブログをリンクに追加する

お気に入り絵師・作家(巡回先)


なまくら
MOON PHASE 雑記
カトゆー家断絶
好き好き大好きっ
萌えミシュラン
不定期絵日記 Republic

イニシャルGさん


いとうのいぢさん


にじいろ桜さん


杉井光先生

☆個人的に超お気に入り作家さんヾ(*´∀`*)ノ

岸田メルさん

☆杉井先生の神様のメモ帳の絵師さんですwヾ(*´∀`*)ノ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。